サブリースで面倒不要の経営~オトクなファイナンス革命~

案内

賃貸経営でのリスク回避

コンサル

安定した家賃収入が理由

相続税対策などで賃貸住宅を経営する人が増えていますが、経営者の間で人気となっているのがサブリースです。不動産会社などが一度部屋を借り上げた上で、再び貸し出すサブリースが人気となっている理由は、安定した家賃収入を望む人が多いためです。サブリースとは転貸のことであり、部屋を大家からまとめて借り上げて貸し出す制度です。賃借人が集まり、賃料を得た中で手数料として一部をサブリース運営会社が受け取り、残りを大家に支払います。仮に賃借人が居ない空き室でも、大家に家賃保証があります。このため大家は賃貸経営における大きなリスクである、空室に怯えることなく安定した賃貸経営ができるメリットがあります。不動産が全体的に余剰な現在、安定経営を求めてサブリースが人気となっているのです。

家賃見直し知る

家賃見直しはサブリースの制度を理解する上で、必ず知っておきたい知識のため、利用する前にはそのメリットとデメリットの両方を押さえておく必要があります。通常サブリース契約を交わすと、物件の価値に応じて数年に1度といったペースで家賃を引き下げます。これは安定した入居者数を確保するためのもので、制度を提供する会社によって引き下げ率も異なります。家賃引き下げには大家との交渉で決めますが、その際には交渉に決裂するリスクも存在するのがデメリットです。一方、うまく家賃相場に見合った引き下げを出来れば、引き続き入居者が安定して確保できるメリットもあります。このためサブリースの契約先は、家賃相場の見通しも上手な実績のある会社を選ぶことが大事です。