サブリースで面倒不要の経営~オトクなファイナンス革命~

案内

賃貸経営を安定化させる

住宅

副業オーナーに適した方式

一口に賃貸住宅の経営者と言っても、その背景はさまざまです。賃貸経営を本業にして生活の糧を得ている人もいれば、サラリーマンが副業として経営しているケースもあります。特に後者の場合、資産運用の一環としてたまたま手を出してみたという例も少なくないため、運営のためにそれほど時間を割くことができません。いきおい空き家対策などにも十分な手が打てず、満足な収益が得られないといった事態も起こりがちとなります。そんなときに有力な選択肢となるのが、サブリースの利用です。サブリースとは不動産会社に物件を転貸することで、実質的な運営を任せるという事業スタイルです。収益が安定するばかりでなく業務も軽減されるので、副業タイプのオーナーには特に人気があります。

空き室の心配も不要

サブリースによる賃貸経営は、基本的に2つの契約から構成されています。1つはオーナーと不動産会社との契約です。これをマスターリースといいます。もう1つは不動産会社と個々の入居者との契約です。これが狭義のサブリースとなります。つまりオーナーに対する家賃収入はマスターリースによってもたらされることになるため、その額は契約期間中は原則として一定です。したがって入居率の良し悪しなどをいちいち心配する必要がなくなります。また、入居者との間には直接の契約関係が生じないことから、オーナーは入居審査や退去時の住宅点検といった業務からも解放されることになります。もちろん月々の家賃の収納や滞納者への督促なども直接行う必要がなくなります。