サブリースで面倒不要の経営~オトクなファイナンス革命~

案内

賃貸経営を安定化させる

住宅

サブリースとは賃貸経営の一手法で、転貸を条件にオーナーが個々の入居者でなく不動産会社と賃貸借契約を結ぶことをいいます。オーナーの受け取る家賃は入居率の変動に関係なく一定であるため、採用すれば収益の安定化に資することになります。

読んでみよう

注目度の高い投資

会社

不動産物件といえば物件を購入してからその部屋を誰かに貸し、家賃収入を得るという形がほとんどです。その場合、管理代行を依頼することで家賃回収などをしてもらえるのですがお得な方法にサブリースがあります。

読んでみよう

賃貸経営でのリスク回避

コンサル

賃貸経営でサブリースが人気の理由は、空き室によって賃料収入が得られないというリスクを回避できるためです。サブリースについて知っておきたい知識としては、数年ごとに行う家賃相場に応じた賃料の見直しに関する情報です。

読んでみよう

転貸でラクラク賃貸経営

不動産会社

実際の運営はプロまかせ

デパートやショッピングモールなどの商業施設を地図上で注意して見てみると、時折その施設の名前とはまったく別のビル名が表示されていることがあります。これはなぜかというと、建物自体は別にオーナーがいて、デパートやモールはそのオーナーからビルを賃借し、さらに各テナントに転貸するという事業スタイルをとっているからです。このような経営手法をサブリースといいます。サブリースは商業用不動産だけでなく、住宅用不動産においても採用されています。すなわち不動産会社がマンション等のオーナーから物件を借り上げ、それを個々の入居者に貸し出すというスタイルです。このサブリース方式による賃貸物件の件数は、年々増加する傾向にあります。

オーナーを雑務から解放

サブリースによる賃貸住宅の運営は、オーナーに2つのメリットをもたらします。1つは、家賃収入が安定することです。オーナーは個々の入居者ではなく不動産会社と賃貸借契約を結ぶので、月々の家賃は不動産会社から支払いを受けることになります。したがって、たとえ部屋が空き室であっても家賃収入が得られないということはありません。もう1つのメリットは、事務負担の軽減です。サブリースであれば入居者の審査や月家賃の収納等の事務はすべて不動産会社が手がけるので、オーナーが直接行う必要はなくなります。今後わが国は人口減社会に突入すると言われています。そのため不動産賃貸業も以前のように必ずしも安定した事業ではなくなると予測されています。そうした点からすると、サブリースはオーナーにとってきわめて安心度の高い経営スタイルであると考えられます。